事業・イベント案内

ホーム > 事業・イベント案内 > 気楽にみる・楽しむ > 常設展示


常設展示

2階展示場 サイテック博士のおもしろ研究室

登場!ピョン太とサイテック博士

ピョン太とサイテック博士のやりとりを通して、この展示場やサイテック博士の紹介をします。また、隠された仕掛けを発見する中で、様々なセンサーの働きを体験することができます。

操作方法と原理

ありさんの目

光ファイバースコープを使って箱の中になにがあるかを探ったり、CCDカメラを使って身近なものを拡大して観察することで、光ファイバーとCCDカメラの働きや違いを知ることができます。

操作方法と原理

PNR―2号発信せよ!

宇宙船の操作を通して、CG(Computer Graphics:コンピュータグラフィックス)を用いたコンピュータシミュレーションを体験できます。

操作方法と原理

お湯駆動エンジン

水車を観察することにより、形状記憶合金の性質を知ります。また、形状記憶合金のバネをお湯の中に出し入れすることにより、その変化を直接確かめます。

操作方法と原理

空気の流れ

空気の流れの中に立方体・円柱・流線形(翼の断面)の立体アイテムを置き、通り過ぎていく空気の流れの様子を見ることができます。

操作方法と原理

ゆがむテレビ

磁石や虫めがねをテレビ画面に近づけて観察することによって、ブラウン管の特徴を知ることができます。

操作方法と原理

宇宙でんわ

地球と宇宙との間で通信するときに時間差が生じることを体験できる電話です。電波は地球上では一瞬で到達するため、その速度は無限大と思われますが、実は電波の速度は有限です。このことは、宇宙スケールで考えた時の通信に時間がかかることから理解することができます。

操作方法と原理

ふしぎオルゴール

ホログラフィーで写しだした虚像を観察し、光の不思議な現象を体験します。

操作方法と原理

あつくなる冷蔵庫

自転車のペダルを踏むと冷蔵庫の中にあるものを暖めると同時に冷やすことができるふしぎな冷蔵庫です。ペダルを踏んでコンプレッサーを回し、冷蔵庫を作動させます。冷蔵庫の冷却のしくみや、冷媒の状態変化による熱の出入りを利用したヒートポンプのし<みを、確かめます。

操作方法と原理

機械の目

人の目では直接見ることができない熱の世界を、サーモグラフィーカメラを使って、見ることができます。

操作方法と原理

機械の耳

音声認識装置を使って、ピョン太を動かすことができます。

操作方法と原理

つかめないごはん

凹面鏡を使った視覚のマジックです。また、電子レンジの仕組みについて演出を通してわかりやすく紹介しています。

操作方法と原理

はずかしトイレ

暗室に入り、自分の姿や部屋の中のようすを目で観察した場合と、暗視カメラによって写された映像で観察した場合を比べることで、暗視カメラのはたらきを知ることができます。

操作方法と原理

動き出す絵

映画やテレビなどは、像が動いて見えます(動画)。ドラム缶の展示(ゾートロープ)やパラパラマンガが動画として見えることを通して、動画の原理を体験することができます。

操作方法と原理

空中スクリーン

棒を振るなどの工夫をすることにより、自分の描いた絵を空中に映し出すことができます。また、横の鏡を小刻みに降ることで、LEDの光から同じ映像を見ることができます。視覚の不思議な働き(残像効果)を体験できます。

操作方法と原理

光パワーでダッシュ 光センサーで稼働

光エネルギーを感知してスイッチが入る光センサー(CdS)の働きを確かめる展示です。

操作方法と原理

ガリバーランド

主に鉄道を通して、交通の仕組みやNゲージ、HOゲージなどの模型の動く仕組みを観察できます。
ここには新幹線(2線)と在来線(2線)、そしてNゲージ(2線)、さらに路面電車の合計7線の操作が可能になっています(※ゲージとはレールの間隔のことで、N(9mm)ゲージよりHO(16.5mm)ゲージの方が幅が広いので車両の大きさも大きくできる)

操作方法と原理

その他

この展示場のなかで「なぜ?どうして?」と少しでも疑問を持ってもらいたいこと、そしてユーモアのあるものを置くことで、少しでもこの展示場に潤いをと願いを込めて以下の3点を設置しています。
①おしゃべりイス ②おしゃべり蛇口  ③伝声管

操作方法と原理

ページトップへ


事業・イベント案内

科学のお話

ピョン太のひとりごと