お知らせ一覧

ホーム > お知らせ一覧


お知らせ

開館40周年を迎えて ごあいさつ

 広島市こども文化科学館は、令和2年(2020年)5月1日に開館40周年を迎えました。これまでご来館いただいた皆様、支えてくださる皆様に心より感謝を申し上げます。

 当館は、昭和 55年(1980年) 5月1日に、“おどろき・夢・ロマン”をテーマとした、こども向けの文化科学館として開館いたしました。平成15年(2003年)3月には入館者数1000万人を達成し、平成22年(2010年)4月にはプラネタリウム観覧者数300万人を達成しました。令和2年(2020年)2月末までの入館者数は1756万人、プラネタリウム観覧者数は375万人です。多くのお客様に学習の場としてご利用いただいています。

 近年では、平成28年度(2016年度)にプラネタリウムの機器更新等を実施し、プラネタリウム投影機のLED化、デジタル映像投影機の導入等を実現しました。また、平成29年(2017年)9月にはネーミングライツにより施設名を「5-Days こども文化科学館」に変更いたしました。

 今年は、大変残念ながら、新型コロナウィルス感染拡大防止のため令和2年2月29日(土)から5月17日(日)まで臨時休館しています。5月18日(月)は通常の休館日となり、19日(火)以降につきましては、今後の広島市からの指示を踏まえて、改めて発表する予定です。
このため、5月2日(土)に開催を予定していました、開館40周年記念「はやぶさ2」トークライブ シーズン2 in 広島は、開催を中止しました。このほか期間中の、企画展、こども劇場、音楽会、科学教室、工作教室などもすべて中止としています。

 休館中でも少しでも有意義に学習していただこうと、4月から「おうちでミュージアム」と題し、インターネットを利用して、皆様のおうちに博物館の学びと楽しみをお届けしています。科学のお話コーナーをステージに、4月10日(金) の「宵の明星“金星”」をはじめとして、本日までに8話を提供しています。ぜひ当館ホームページをご覧ください。
 また年度末には、新型コロナウィルス感染拡大防止のため延期した、ノーベル賞受賞者の大隅良典氏をお迎えしての「小中高生と最先端研究者とのふれ合いの集い」を開催する予定です。ご期待ください。

 しばらくは新型コロナウィルス感染拡大防止のための休館が続くものと予想されますが、開館を楽しみにしながら、インターネットなどを活用しながらステイホームを乗り切ってくださるようお願いいたします。
これからも、科学や文化に親しむ体験をとおして、子どもたちにたくさんの「おどろき 夢 ロマン」をお届けできるよう、精一杯取り組んでまいります。
今後とも、科学館に皆様の格別のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


令和2年(2020年)5月1日             
広島市こども文化科学館   館長 松田 智仁
(5-Days こども文化科学館)           

お知らせ一覧へ戻る

ページトップへ


お知らせ一覧

科学のお話