ブログ

ホーム > 科学のお話 > 「おうちでミュージアム」海に広がる星空、ウミホタルの光


科学のお話

2022年3月27日(日)

「おうちでミュージアム」海に広がる星空、ウミホタルの光

 夜、まち明りの少ない場所で空を見上げると、たくさんの星が輝いています。では、暗い海の中にも星空の世界があることは知っていますか?
 海に広がる星空、ウミホタルの光を見に行きましょう!

続きはこちらの動画をごらんください↓↓↓





ウミホタルってどんな生き物?
 エビやカニと同じ甲殻類(こうかくるい)の仲間です。体長は3ミリメートルほどの小さな生き物です。水質の良いきれいな海で、砂地があり、川からの水が混じらないような場所でくらしています。昼間は砂にもぐってじっとしていますが、夜になるとエサをさがして活発に動き出します。

何のために光るの?
 敵におそわれそうになったり、危険を感じたりすると、体内から光る液体を出していかくします。敵がおどろいているすきに自分は遠くに逃げるのです。また、オスがメスに愛を伝える求愛行動に光を利用していることが観察されています。

 サイエンスショー「光の科学」では、ウミホタルを使った実験をみなさんに体験してもらうことを計画しています。実験には、乾燥させたウミホタルを使います。

ウミホタルを一晩しっかりと乾燥させます。

からが透明になっていたら完成です。

乾燥剤を入れて、実験まで冷蔵庫に入れておきます。

どんな実験になるかはお楽しみに☆
 今後のサイエンスショーの予定は科学館ホームページや科学館だよりをご確認ください。

ページトップへ


ブログ

科学のお話