ブログ

ホーム > 科学のお話 > 2018年1月31日(水)皆既月食を見よう!


科学のお話

2018年1月19日(金)

2018年1月31日(水)皆既月食を見よう!

1月31日、広島で皆既月食が見られます。前回2015年4月4日は、雨のため観察できませんでしたので、その前の2014年10月8日以来、およそ3年ぶりとなります。
月食は、満月が地球の影に入り、月に太陽の光が当たらなくなる現象です。中でも、地球の影の中に月が完全に入ってしまうのが、皆既月食です。

図1:太陽・月・地球の関係

地球の影に完全に入ってしまうのですから、月に太陽の光が当たらなくなり、見えなくなるように思えてきますが、実はその時、月は「真っ赤」になります。真っ赤と言っても満月の明るさよりはずっと暗く、赤銅色(しゃくどういろ)などと言われたりもしますが、これは地球の大気により太陽の光が屈折して影の中に回り込み、月をうっすら照らすために起こるもので、地球の大気の影響で赤い成分の光だけが月に届くため、赤く見えるのです。

図2:2011年12月10日の皆既月食

皆既月食では、月の形の変化と皆既中の色に加えて、星空の変化にも注目しましょう。欠け始める前の満月の光はとても強いので、夜空がかなり明るくなり、星が見えにくくなっています。そこから次第に欠けていくと、月の明るさがだんだんと弱くなり、皆既状態になると月が無い時と同じくらいに星が見えるようになります。さらにその後、再び月が元に戻っていくと、暗い状態になれた目には月の光がいっそう強く感じられます。星空や周囲の変化は、街明かりの少ない地域のほうがわかりやすいでしょう。
月食の観察は、特別な機材が無くても十分に楽しめます。もし、双眼鏡や望遠鏡があれば、月に向けてみましょう。月の変化がより分かりやすくなります。

2018年1月31日の皆既月食
欠け始め:20時48分
皆既開始:21時52分
皆既終了:23時09分
月食終了:24時12分

図3:皆既中の様子

ページトップへ


ブログ

科学のお話