ブログ

ホーム > 科学のお話 > 皆既日食


科学のお話

2009年7月26日(日)

皆既日食

 2009年7月22日に日食がありました。しかも今世紀で最長の時間の皆既日食でしたね。広島でも86%ほど欠けましたが、皆既帯(皆既日食の見られる帯状の地域)が日本の領土を通るということでずいぶんフィーバーしましたね。海外に出かけた人も多かったのではないかと思います。
 科学館の関係者も、中国の安吉という場所に出かけ、薄雲の中でしたが何とかコロナを見ることができました。そこでここにその写真の一部を公開しますのでご覧になって下さい。

薄雲の中から見たコロナ

ダイヤモンドリング

プロミネンス

ページトップへ


ブログ

科学のお話